ENGLISHオーケストラ 映画音楽ビデオロックプロフィール問い合わせリンク

ブラム・バーカー | ゲーム、フィルムおよび管弦楽の外国作曲家

 

 

 

 

 

 
New: 子供英語歌
New: 子供英語 歌 数字
New: こども向け英語教室

 

ブラム・バーカーはオーストラリア出身の作曲家で、現在は日本を拠点として活動している。最近彼は、人気テレビゲームWinning Eleven 「ウィニングイレブン」のサントラでKONAMIとのコラボを実現した。彼の楽曲は、オーストラリア、アメリカ、アジア内の交響楽団により数多くの場所で演奏されている。また、クラシックだけにとどまらず、映画のサントラや、ポップミュージックにおいても、高い評価を受けている。

ブラムは、フランセス・オコナー(現在のハリウッド女優)の卒業舞台の音楽を手がけた西オーストラリア芸術学院でクラシカルギターと作曲を学び、1996年に輝かしい成績で卒業。その後、アメリカテキサス州にあるライス大学内のシェパード音楽学院から奨学金の申し出を受け渡米。
在学中の1999年、作曲で修士号を取得し、その後、ニューヨークへ渡る。作曲家としてまた、音楽院の助教授として2003年に来日するまで活躍の場を広げてきた。

日本では、慶応大学早稲田大学で講師をしておりその傍ら、Pooja Kumar出演映画「Knots Urbane」や、彼にとって初となる日本映画「僕と天使とあの夏ノ思い出」のサントラを担当している。